« 高田渡と「自衛隊に入ろう」 | Main | 共通の歴史認識を考えてみよう »

April 17, 2005

あとむの「てんびんばかり」について

このブログのタイトル「てんびんばかり」は亡き河島英五の代表作のタイトルからきている。
ブログの内容をそのような内容にしたかったためだ。著作権の関係から歌詞転載はしないが、インターネットで検索すれば幾つか見つかるだろう。出来ればCDを買って聴いて欲しい。
「どちらももう一方より重たいくせに、どちらへも傾かないなんておかしいよ」ライブドアとフジテレビ、アメリカとイラク、日本と中国、どちらかが一方的に誤りと言えるのか。ナチス、ヒトラーでも彼らなりの正義と主張がある。自分の主張と違うから気に入らないからと全面否定するのは容易い。しかし、それでは思考が停止してしまい真実は見えてこない。
その真実も唯一つではない。多くの真実がある。それ故に「てんびんばかり」は揺れ動き、どちらへも傾かない。

|

« 高田渡と「自衛隊に入ろう」 | Main | 共通の歴史認識を考えてみよう »

Comments

The comments to this entry are closed.