« JR福知山線脱線事故の報道姿勢、これで良いのか | Main | 何故のJR西日本叩きか »

May 04, 2005

JR運転手二人の選択

JR福知山線脱線事故の快速電車に通勤途中の同社運転手が乗っていたが、彼らは救助活動をしないまま出勤し業務に就いていた事が明らかになった。マスコミはまたもバッシングしているようだが、サラリーマンの感覚では当然の行動だと思う。(参考1)彼らは電車運転のプロでありレスキュー隊ではない。何が出来るというのか?事故現場近くの住民が救助に協力したと言うが、ペットボトルの水やタオルを提供したり負傷者運搬のために乗用車やトラックを提供したのであって、レスキュー隊員が行うような破壊された車両に入っての救命活動ではなかっただろう。素人がヘタに救命活動なんてするものではない。ヘタに現場をうろちょろするべきではないのだ。(参考2)

運転手二人にはペットボトルの水も乗用車も提供する術はない。車外に出た軽傷者の手当ぐらいは出来ただろうが、それは他の人にでも出来る事だ。彼らには彼らにしかできないことがある。もし彼らが現場に残って出勤しないと、彼らが運転するはずの列車が動かなくなるのだ。事故でダイヤがグチャグチャなのに運転手がいなくなると更に混乱が長引く事は容易に想像出来る。彼らは1分でも早い列車の正常運行に努めたのであるから、非難するには当たらないと思う。

報道では、運転手の一人は勤務先に連絡をいれたがもう一人はいれなかったという。どうもこの辺りは胡散臭いモノを感じる。「連絡は無かった事にしてくれ」なんてやりとりがあったのではと疑ってしまうのだ。
いずれにしても彼らは出勤し、業務に就いている。現場に残らなかった非難に対して「大きな事故だったので気が動転していた」と答えたようだが、ならばその精神状態で列車を安全に運行出来たのか疑問に感じるのだ。実際に事故無く運行出来ているようだから動転していたというのは疑問がある。二人とも勤務先に連絡をいれたが、「直ちに出勤して業務に就くように」と指示されたのではないか。列車運行の責任者の立場ではそれが正しい判断だろう。JR西日本バッシングの中、たまらず労働者に悪役を押しつけて様な気がしてならない。

しかし、列車運行の責任者も大きなミスを犯している。勤務先の事務所では正常の精神状態に見えても列車を運転するとどうなるか分からない。地獄の惨状が思い浮かんでまともに運転出来ないかも知れない。事故を起こした運転の状況を一番的確に想像出来たのは彼らだろう。地獄の惨状を仕事中に思い浮かべやすいのも彼らなのだ。そんな彼らに運転業務を指示したのは大きな間違いだ。結果的に事故はなかったが、事故がなかったから間違いもなかったというわけには行かない。何であろうと過ちは正されねばならない。

更に報道では、この二人の処分を検討しているという。事故列車の運転手は死亡してしまった。次の有力な証人がこの二人の運転手だ。事故車両に欠陥があったというような事がもしあり、それを証言されると非常に不味い事になる。その口を塞ぐためではないか。欠陥は根拠のない想像だが、そうでなくても会社に不利になるような証言はするなとの強要があるのかもしれない。
事故原因究明のためにはこの二人の地位保全が絶対に必要だ。会社側のそう言った強要が無くても運転手側がそう思い込んでしまう事もありうるからだ。その状態で処分の検討は真実を闇に葬る事になりかねない。

|

« JR福知山線脱線事故の報道姿勢、これで良いのか | Main | 何故のJR西日本叩きか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93073/3976203

Listed below are links to weblogs that reference JR運転手二人の選択:

» JR脱線事故 あえて異見を [社長の本音日記]
尼崎のJR福知山線の脱線事故から一週間以上が経ちました。 あまりに悲惨な事故のショックは大きく、ブログでも意識的に出来る限り他の話題を取り上げて来ましたが、色々と思うところがあり、再度発言させてもらうことにしました。 まず、不幸にして亡くなられた107名の... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 07:04 PM

» 脱線事故の余波 その3 [ota-broadcast]
「乗客」の運転士2人、救助作業せず出社 JR脱線事故 (朝日新聞) - goo ニュース 兵庫県尼崎市のJR宝塚線(福知山線)で脱線した快速電車(7両編成)に、JR西日本の運転士2人が客として乗り合わせていたことがわかった。いずれも救助活動に加わらずに出勤し、通常通りに乗務していた。うち1人は電話で、職場の上司に事故車両に乗り合わせていたことを報告したが、上司は事故現場に戻るよう指示しなかった。現場を離れた... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 08:16 PM

» 「マスコミ批評」のカテゴリーを作りましょう。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 インターネットで個人が情報発信できるようになり、またブログが新たな情報発信の媒 [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 08:24 PM

» マスコミの報道に疑問 [ノーブロブレム]
JR福知山線脱線事故で通勤途中のJR西日本の運転士2人が乗っていたことについての報道に疑問を感じる。 彼らが救助活動に参加しなかったことはいけないことなのか。 彼らは医者でもなければ、消防隊員でもない。 そんな彼らが、事故現場で行えることは限られている。 ..... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 10:25 PM

» 同乗の運転士2人が救助もせずに逃亡! 現場マンションについて [りゅうちゃんミストラル]
尼崎で脱線事故を起こした列車に乗っていたJR西日本の運転士2人が、けが人の救助もせずに出社していたことがあちこちで報道されている。脱線快速に乗車の運転士2人、救助活動せず出勤(読売新聞)この2人は「気が動転していた」とのことだが、事故現場近くにあった工場...... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 11:02 PM

» 職務に忠実だった運転士 [かきなぐりプレス]
JR西日本たたきが止まらない。今度は乗り合わせていた運転士2人が現場を“逃げた”ような非難の嵐だ。 今朝の特ダネ!でも小倉智昭がしたり顔で、「気が動転していて、現場を離れた? 気が動転したままの心境で冷静に電車が運転が出来るのか!」とJR西日本批判を展開する。 観ていて嫌な気分になる。 たまたま乗り合わせた電車が転覆脱線するなんてことは、一生のうちに1回も起こらないことだろう。 そういう状況で運転士の頭をよぎったことは、どんなことがあっても自分の職務をまっとうすることだったの... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 11:22 PM

» 尼崎脱線事故に学ぶ [なお@管理人のつぶやき]
昨日ニュースの中で他の番組とは違った切り口でこの事故を報道していた それはレスキュー隊が到着するまでの第一次レスキューを 勇気ある一般人がすばらしい連携と機転を利かせた活動を起こした...というもの 事故現場の近所の日本スピンドル、尼崎中央卸売り市場の職員が一次レスキューを担った 阪神大震災の教訓を生かし 1)二次災害予防 2)水 氷 タオル+身の回りのものを活用して救助 3)声かけ   情報伝達 被害者に励まし ... [Read More]

Tracked on May 05, 2005 at 09:36 PM

» 尼崎脱線事故 2 [bitter tears...]
脱線事故や不祥事をいいことに モラルの欠片もない取材・報道がされている。 「人が死んでんねんで!」 社長や安全推進部長を吊し上げる記者。 「今はただ死にたいです」 生き残った唯一の証人である松下車掌の入院先まで追いかけてって 取材をした文藝春秋。 警察、会社の尋問続きで、ついに体調を崩して入院した人間に、さらに取材して そこまでして追い込みたいのか、と思う。 誘導尋問も度が過ぎないか。 「JR脱線事故、一番悪いのは誰だ」 だと? お前等じゃないの... [Read More]

Tracked on May 15, 2005 at 01:24 AM

« JR福知山線脱線事故の報道姿勢、これで良いのか | Main | 何故のJR西日本叩きか »