« April 3, 2005 - April 9, 2005 | Main | April 17, 2005 - April 23, 2005 »

April 11, 2005

反日デモブーム

中国や韓国で反日デモが行われている。極一部だろうがかなり熱くなって日章旗や小泉総理の写真を焼いたりしている。中国や韓国に限らず日本もアメリカも、言ってしまえば地球上の大抵の人が程度の差こそあれ不平や不満、憤りを抱えて生きている。何か憂さを晴らす相手はないものか?と思っている。そんな時に「あいつらは悪者だぁ~」と叩ける相手が見つかると寄って集って叩く事になる。つまり今の日本だ。実際に暴力は振るわないが、デモ行進して罵詈雑言を浴びせる。ちょっとエスカレートして投石したり日章旗を焼いたりする。反日感情も嘘ではないが、この機に仕事の不満も妻や夫への不満も政府への不満も、今まで吐き出せなかったモノを一気に吐き出しているのだろう。いくら悪口を叫ぼうと石を投げようと咎められる事はないのだ。この千載一遇のチャンスを逃す手はない。別に中国人や韓国人でなくても、そんな状況なら日頃の鬱憤を晴らしたくなるモノだ。だから、もはやブームの感すらある反日デモは割り引いて見るべきだと思う。まぁ一種のガス抜きと考えれば、あの程度は許容の範囲内ではないか。許容の範囲を超えない事を願うばかりだ。

さて、その彼らの主張。尖閣諸島や竹島の領有権問題を日本の侵略と結びつけて怒っているようだ。「それは別問題だろう」と思う。日本が尖閣諸島や竹島を足がかりに新たな侵略を始めるとは思えない。日本も中国も韓国も本当は経済水域争いをしているのだ。「経済水域を仲良く半分こ」って話もあるのだろうが、「俺たちのモノなのに・・・・」って思いが三国共にあって上手く調整が出来ないのだ。断固として領有権の主張は譲れない。その主張を通すためには過去の日本の侵略でも何でも持ち出すんだろう。

その元になったと思われる教科書問題。「尖閣諸島や竹島に領有権問題がある」との記述を、「これらの島の領有権は日本にある」との記述に変えさせたらしい。「それは違うだろう」と思う。政府が主張しているのは確かだが、それが正解として教科書に記述するのはおかしい。「領有権の主張で対立している」と言う客観的事実を記述するべきなのだ。政府の見解が全て正しいだなんて言論の自由を侵しかねない話だ。日本の教科書は国定教科書ではないのだから政府見解を真実かのように記述してはならない。

さて、もう一方の問題の元、愛国教育。愛国心と言えば「愛」って字が付いていて綺麗だが、他国を憎む事になりやすい。今回の反日デモも愛国心がその背景にある。自国の領土が侵されると思うと、それまで持っていた愛国心が揺り動かされ、相手国への怒り、憎しみとなってしまったのだ。日本だって愛国心を育てようとして、教科書を書き換えてきた。都知事も君が代斉唱を強要してきたのだ。自国を愛する素朴な気持ちは誰にも咎められるモノではない。しかし、それと表裏一体に生まれる他国への憎しみ、蔑視、嘲り、そう言った事が問題なのだ。「愛憎」この二つを切り離す事は出来ない。そのことを良く理解して愛国心を育まないと、徒に他国との対立ばかりを生みだすことになるだろう。かといって愛国心がないとバラバラに雲散霧消してしまう。難しいところだ。

そうそう、彼らの主張はもう一つあった。「日本の国際連合安全保障理事会常任理事国入り反対」だ。
この件についてはまた別の機会に。(だって長すぎるもの)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« April 3, 2005 - April 9, 2005 | Main | April 17, 2005 - April 23, 2005 »