« April 10, 2005 - April 16, 2005 | Main | May 1, 2005 - May 7, 2005 »

April 23, 2005

靖国神社参拝について

「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の国会議員80人が22日午前、靖国神社に参拝した。
反日デモ騒動など、日中でもめている時にその要因の一つである靖国参拝を実行するだなんて、何を考えているんだろう。過去に日本が侵略した国々をなめているのか?選挙での得票を気にしての行動だと思うが、彼らの自己中心的行動によって日本人が東アジアの人々から嫌悪の目で見られる事になる。これは国益に大いに反する行為であると認識出来ないのだろうか。選挙以外にもそれなりの想いがあるんだろうが自重してもらいたい。

さて、靖国神社参拝が何故問題視されるのだろうか。よく言われる理由が「A級戦犯合祀」である。侵略された人々にとって、その主犯者が神として讃えられているのだから穏やかであろうハズがない。靖国神社に祀る対象は、日本を守るために戦争で命を落とした人々って事になっている。A級戦犯が行った事は侵略であって日本を守る事では決してない。侵略は悪であり防衛は認められる。A級戦犯を祀れば彼らのの行為は防衛であり、讃えられる事であるかのようになってしまう。極一部だろうが本気でそう思っている人々もいる。侵略された人々にとっては侵略戦争を正当化する行為で認められない事だ。日本人には死者の生前の罪を問わないって考えがあるらしいが、無神論者の私には理解しかねる感覚だ。どれほどの日本人が「死者の生前の罪を問わない」って感覚を持っているんだろう。例えば、地下鉄サリン事件を起こして死刑になるであろうオウム真理教の幹部たちがその死後神として祀られたとしたら平静でいられるだろうか。私は大部分の日本人が激怒すると思う。

次に、あまり語られないが、宗教としての靖国神社だ。大日本帝国の頃は国教であった。その宗教を精神的支柱にして侵略行為が行われてきた。死んだら神として祀られるんだから死を怖れず命をかけて戦え!そう言われてそうだと信じて多くの日本人や朝鮮人は死んで行ったし侵略された方は殺されて行った。殺された方が靖国神社に嫌悪感を抱いても当然である。その靖国神社は現存し、日本政府は交流をしているように見える。「私人として参拝した」と言っているのなら交流を否定出来るだろうが、「公人としての立場で参拝した」とするなら交流を肯定する事になる。靖国神社と日本政府が結びつくと「また侵略戦争を始めるのでは」と危惧されるのは仕方ないだろう。「そんな事は杞憂に過ぎない」と日本人の私は思うが、彼らはそういう目で見ているのだ。
日本人がオウム真理教に向ける目と同じような目を東アジアの人々は靖国神社に向けていると思った方が良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2005

ライブドアVSフジ・サンケイ

4月18日、ライブドアとフジテレビは資本・業務提携で基本合意したと発表した。気の早い人々は「勝ったのはどっちだ」って議論しているようだが、私に言わせれば「本当の戦いはこれから」だ。ライブドアにとっては多額の現金、総額1780億円が手に入ったわけで、金銭的な損失は無い。問題は業務提携だ。業務提携が実現したわけではなく、「業務提携のための推進委員会を設置する」って約束が得られただけ。本当に欲しかったのは業務提携での事業を拡大だろう。門前払いだった状態が、相手の懐に飛び込めた状態になった。その懐からつまみ出されるか、フジテレビが離さないパートナーになるか、全てがこれからの数ヶ月にかかっている。
一方、フジテレビはニッポン放送を完全に手中にしたばかりかライブドアの大株主になった。そのために要した資金は膨大だ。膨大と思える。いくら金がある企業でも1780億円は楽な金額ではないよな。それだけの資金を費やしたのだからそれなりのモノを得なければバカだ。ライブドアを使ってネットと放送の融合とやらを実現させて事業の拡大を図るべきだろう。それが出来なければ近い将来衰退の一途を辿ることになる。フジテレビにとっても「本当の戦いはこれから」なんだろうが、そんな危機感は持っていないように見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

共通の歴史認識を考えてみよう

中国政府は日本政府の持つ歴史認識が気にくわないらしい。中国ではどのような歴史認識を持ち、それをどのように教えているのか気になるところだ。中国の自称「正しい歴史認識」はどのようなものなのだろう。

日本が中国大陸で行った事の大部分は中国人に苦痛を与えた。そのことは間違いない。しかし、その苦痛の中国人側の要因として中華思想がないのだろうか。世界の中心に住む我々中国人が東夷と蔑んできた日本人ごときに侵略される。あろう事かその日本人は優秀な大和民族と自称して中国人を侮辱する。中国人の自尊心は著しく傷つけられた。そう言う一面が無いのだろうか。私にはあるように思える。

日本は戦争で中国を含む連合国に負けた。しかし、その後日本は経済的に急成長を遂げ、中国は急成長の兆しはあるものの日本に大きく差を付けられている。中国人の自尊心は傷つけられたままだ。そして21世紀になって日本は国連の安全保障理事会の常任理事国すなわち戦勝国クラブに入りたがっている。中国が日本より優位と感じられるモノがまた一つ失われてしまう。中国人の自尊心はまた傷つけられた。そんな一面があるように私には思える。

日本人と中国人は互いに相手を蔑視している部分がある。言葉にしなくても態度に出さなくても、隠していても、どこかにそう言う思いがある。悲しむべき事だ。もちろん私も例外ではない。だが蔑視する気持ちが払拭出来ないにしても、相手を敬う気持ちも共存させたいものだ。

閑話休題。
中国政府の歴史認識である。問題になっている部分に限定すれば、日本が中国を侵略してから敗戦でそれを終了させるまでの歴史だ。中国にすれば「抗日」の歴史である。ズバリ中国共産党の輝かしい歴史である。その後日本に差を付けられた、今一ええとこのない中国共産党の輝かしい歴史である。強調したくなるのは当然の事だ。そんな事とは無縁の日本政府の歴史認識と違って当然だ。日本政府の歴史認識は右傾化しているように思えるが、たとえ客観的事実から成る公正な歴史認識が実現したとしても中国政府は不満だろう。

中国には正史というモノがある。前王朝の歴史を後の王朝(政権)が公式に書き記すのだ。出来るだけ偏らないように充分な時間をおいて編纂を始める事になっている。対象となる時代がホットなうちは書かないのだ。清王朝が滅亡して90年以上になるがまだ編纂中だ。その後の日本の中国侵略史、中国共産党の抗日史、まだまだホットな歴史だ。今の王朝じゃない政権が倒れてから100年経ったら「そろそろ」と言うところだろうか。それくらいしないと正しい歴史認識なんて出来ないものなのだ。

しかし、正しくなくても歴史認識しないわけにいかない。それぞれの国でそれぞれの歴史認識があるのは当然だ。大いに主張すれば良い。議論すれば良い。場合によれば相手を非難しても構わない。しかし、相手が主張する行為は認めよう。一つの見解として尊重しよう。そして決して排除してはならない。


今回はここを参考にしました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 17, 2005

あとむの「てんびんばかり」について

このブログのタイトル「てんびんばかり」は亡き河島英五の代表作のタイトルからきている。
ブログの内容をそのような内容にしたかったためだ。著作権の関係から歌詞転載はしないが、インターネットで検索すれば幾つか見つかるだろう。出来ればCDを買って聴いて欲しい。
「どちらももう一方より重たいくせに、どちらへも傾かないなんておかしいよ」ライブドアとフジテレビ、アメリカとイラク、日本と中国、どちらかが一方的に誤りと言えるのか。ナチス、ヒトラーでも彼らなりの正義と主張がある。自分の主張と違うから気に入らないからと全面否定するのは容易い。しかし、それでは思考が停止してしまい真実は見えてこない。
その真実も唯一つではない。多くの真実がある。それ故に「てんびんばかり」は揺れ動き、どちらへも傾かない。

| | Comments (0)

高田渡と「自衛隊に入ろう」

昨日、4月16日にフォーク歌手の高田渡さんが亡くなられました
奇しくも河島英五と命日が同じになった。
別に高田渡のファンって事ではないのだが、代表作の「自衛隊に入ろう」は印象深い。放送禁止歌に指定されていてラジオなどで聞いた事は無かったのだが、高校生の時に文化祭で同級生にこの歌を紹介されて大いに笑った記憶がある。昨年、森達也著の「放送禁止歌」ってタイトルの著作を見つけ、その記憶が蘇った。この著書と同じタイトルの歌を作った山平和彦氏も昨年亡くなられて「フォーク歌手もそう言う年代になってきたんだなぁ~」と思ったものでした。山平和彦52歳、高田渡56歳、河島英五48歳。まだまだ歌い続けて欲しかった。
合掌(-A-)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 10, 2005 - April 16, 2005 | Main | May 1, 2005 - May 7, 2005 »