« 村上ファンドには阪神から手を引いて欲しい | Main | 7月4日アメリカ合衆国独立記念日に »

June 06, 2006

阪神-村上戦予想外の結末

阪神株とは関係ない理由ながら村上世彰氏が逮捕されたのはいささか驚いた。
インサイダー取引、聞いちゃったのに買っちゃった、あんたの負けだ。
それが元で阪神株を手放して阪急のTOBに応じるようである。少し安堵。
そうなれば阪急に言いたい。阪神ブランドを消滅させるなと。
経営統合で根っこは同じでも阪急と阪神ではブランドカラーが全く違う。どっちが良い悪いの問題ではなく、どっちも今のまま残して欲しい。阪神タイガースが優勝した時の記念セールに阪急百貨店が便乗するくらいのことは許そう。まぁそんなに頻繁にある事じゃないんだから。せいぜいが年1回だ(笑)。
どちらかというと阪急はオシャレで阪神は庶民的だ。上手くやればどっちの志向の人も取り込めるわけだからそこの所上手くやって欲しい。
遠回しに言ってるが早い話、阪神タイガースは阪神タイガースのままで、上場もせずに(上場すると悪意の第三者に乗っ取られる恐れがある)今のままやって欲しいって訳だ。
村上氏は東京地検特捜部に逮捕されたわけだが、東京地検にも阪神ファンが居て怒らせたのも要因にあるのかも知れない。
阪神ファン怒らせたら恐いでぇ~(笑)

|

« 村上ファンドには阪神から手を引いて欲しい | Main | 7月4日アメリカ合衆国独立記念日に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93073/10419655

Listed below are links to weblogs that reference 阪神-村上戦予想外の結末:

« 村上ファンドには阪神から手を引いて欲しい | Main | 7月4日アメリカ合衆国独立記念日に »