September 29, 2006

阪神タイガースは逆転優勝出来るか?

今日は私の誕生日、もう○○歳になってしまった。
そして、阪神タイガース優勝1周年記念日である。
今、阪神タイガースは優勝に向けて邁進している。
その前に立ちはだかるのが中日ドラゴンズだ。

実は現在私は失業中の身である。正確に言えば退職は9/30なんだが年休消化でずっと休んでいるから失業中と一緒なのだ。
その身軽さを利用して広島3連戦を全部甲子園で見てきた。そして全部勝った(^。^)。ついでながら今期あと1試合見てきたが、それも勝った。今期観戦全勝なのだ。
そして今日も甲子園で声援を送る予定である。きっと勝ってくれると信じている。そしてそのまま勝ち続けて逆転優勝も。

落合監督は現役時代からあまり好きな選手ではなかった。「三冠王取るよ」とか大言を吐いて、その通り取ってしまう。大した選手には違いないんだが、謙虚さが見られない所がどうも気に入らない。その落合が監督になって優勝目前となれば、逆転優勝でギャフンと言わせてやりたいのが人情ではないか。その可能性のあるのがファンである阪神タイガースであればなおさらである。

覚めた目で見ればどこが優勝しようとどうでも良い事だ。優勝の騒ぎなんて一時のもので半年もすれば新しいシーズンに入ってしまう、つまりリセットされてしまうのだ。
それでも優勝は気になる。どうでも良いようなことに一喜一憂するのが人間というものだ。「どうでも良い事」と何でもかんでも切り捨てて行けば、とどのつまり、人類の存在さえもどうでも良くなってしまう。それを否定する絶対的論理的理由はないが当事者としては「そうじゃない」と思いたい。存在する理由、存在する楽しみを求め続けて行くのが人間なんだろう。

実際どうなるか分からないが、ともかく阪神タイガースは優勝に向けて全力でひたむきに努力している。その姿をファンとして誇らしく思うし、それを叶えて欲しいと思う。がんばれ阪神タイガース!逆転優勝の栄冠を勝ち取れ!その喜びをファンと共に分かち合おう!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 06, 2006

阪神-村上戦予想外の結末

阪神株とは関係ない理由ながら村上世彰氏が逮捕されたのはいささか驚いた。
インサイダー取引、聞いちゃったのに買っちゃった、あんたの負けだ。
それが元で阪神株を手放して阪急のTOBに応じるようである。少し安堵。
そうなれば阪急に言いたい。阪神ブランドを消滅させるなと。
経営統合で根っこは同じでも阪急と阪神ではブランドカラーが全く違う。どっちが良い悪いの問題ではなく、どっちも今のまま残して欲しい。阪神タイガースが優勝した時の記念セールに阪急百貨店が便乗するくらいのことは許そう。まぁそんなに頻繁にある事じゃないんだから。せいぜいが年1回だ(笑)。
どちらかというと阪急はオシャレで阪神は庶民的だ。上手くやればどっちの志向の人も取り込めるわけだからそこの所上手くやって欲しい。
遠回しに言ってるが早い話、阪神タイガースは阪神タイガースのままで、上場もせずに(上場すると悪意の第三者に乗っ取られる恐れがある)今のままやって欲しいって訳だ。
村上氏は東京地検特捜部に逮捕されたわけだが、東京地検にも阪神ファンが居て怒らせたのも要因にあるのかも知れない。
阪神ファン怒らせたら恐いでぇ~(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

讀賣清原は死球を避けよ

ジャイアンツの清原はホームランバッターと言うより被死球バッターというイメージの方が強くなって来た。どうも彼の場合避けているように見えない。積極的にアタリに行っているとは言い過ぎなんだろうが、避けていない以上、そう非難されても仕方あるまい。
死球を進んで受けるはルール違反じゃないんだろうが、ちょっと卑怯な手段、アンフェアだ。避けられる限り避けるのがプロの野球ってモノだろう。

清原にはプロ野球選手としての自覚と責任があるはずだから、ハッキリ言おう。

「子供が真似するから、今後死球は絶対に避けよ。当たりに行くな!」

日本には巨人清原のファンはたくさんいる。野球少年たちにも清原ファンは多いだろう。その彼らが死球を受けに行くような清原の真似をしたらどうなる。少年野球で死球を受けても大怪我をするような事はあるまい。しかし、積極的に死球を受けに行く癖がついたままに高校野球や大学野球に進んだ場合、死球を受けて大怪我、最悪死に至る恐れもある。だから止めろ。

プロ野球選手ならファン全てが喜べるプレー、真似出来るプレーを心がけてもらいたい。
清原よ、あんたはそれが出来ない二流三流選手じゃないはずだ。

| | Comments (0) | TrackBack (3)